将来の教育資金はどうやって貯める?目安とタイプ別の積立の方法





子どもの教育資金はいくら必要なのでしょうか?いくら貯めればいいのかについての金額の目安と、アナタの性格からみた、教育資金の貯蓄方法・使うべき金融商品について考えてみましょう。児童手当はすべて貯めたうえで、コツコツとプラスして積み立てで貯めるのが王道です。教育費を貯めるのに、使える商品には、一般財形・住宅財形、自動積立定期、こども保険、定期預金、ネット定期、個人向け国債、宝くじ付き定期などがあります。

Source: All About [結婚・出産・教育のお金]